残尿感の原因には、何がある?

残尿感の原因には、何がある?

残尿感の多くの原因が未だ分かっていません。膀胱に炎症を起こしているというという原因までは分かっていても、その先が見えないのです。サプリメントなども提供されていますから、残尿感から解放されたいなら試すのもオススメです。

ホーム » 残尿感の原因はどこにある?

残尿感の原因はどこにある?

kol

尿をした後、なんとなく出来っていない感じやスッキリしない残っている感じがするということで悩んでいる人はかなりいると思われます。

気になって何度もトイレへ立つのだけれど、通勤や通学途中でトイレに寄ることもできませんし、そわそわしたまま、結局トイレでも出なかった、というケースはまれではありません。

では残尿感の原因として考えられるのはどんなものなのでしょうか?まず膀胱炎の疑いが見られます。何度もトイレに行きたくなったり排尿後の痛み、残尿感に尿が白く濁るなど特徴があります。

これは男女比較してみてみると、女性のほうがなりやすいケースが多いです。一度発症すると繰り返すことが多いので、しっかり医師に処置してもらい、リズムのある生活を送るようにしましょう。

原因は膀胱から侵入した最近で抗菌剤で治る

この原因は尿道から膀胱に細菌が侵入し、膀胱が炎症を起こします。もともと膀胱には細菌がいるので、ある程度の抵抗力を持っていますがストレスや過労で抵抗力が弱まると感染することから膀胱炎になるケースがあります。

ブドウ球菌やセラチア菌、そしてプロテウスや肺炎桿菌などがみられていますが、大多数は大腸菌が膀胱炎の最大の理由として80%と高い数値を示しています。

治療としては水分を多めにとることで細菌が外へ排出されていきますから、自然に治ることも充分にあり得ます。

また医師にかかって抗生物質を飲み、抗菌剤などを使って処置するケースもありますから、何かおかしい、トイレが近いし残っている感じもするというのであれば、一度専門医に診てもらうのが一番でしょう。

男性でよくみられるのは前立腺肥大

残尿感が出てくる代表的な男性の病気には慢性前立腺炎、前立腺肥大症というものがあります。中でも残尿感がある原因の一つには炎症として症状が現れる炎症がともなうもの、そして症状が出ているのに気づかないケースです。

慢性前立腺炎は30代から50代にかけての男性に多く見られ、通常原因は不明とされています。一般的に抗菌薬や抗炎症薬で治療しますが、スッキリ残尿感をとることができるのは時間がかかるのです。

それに加え、前立腺肥大で見られる残尿感は、国際前立腺状スコアという指標があるので、それでハッキリと前立腺肥大であると判明させることができます。

一定以上スコアが高く、排尿に不満を感じているケースが多く、薬物治療が必要です。アルファ受容体と5アルファ還元酵素阻害薬が代表的な薬です。

llooo

男女ともに原因は定かではないが炎症を起こしているのは確か

それに加え、女性でははっきとした炎症がないにも関わらず、残尿感のみ出てくるというケースが多いです。

原因を見つけることが難しいので、残尿感があったりなかったりを繰り返したまま過ごすことが多いのです。更年期障害の一環として出てくる場合もありますから、それ自体にも関連性があるのかもしれません。

また自律神経が乱れているという原因も考えられます。検査で異常が見つからなければ、その可能性が高くなります。

緊張時や不安時、ストレスを感じる場合にその頻度がたかくなりますから、トイレが近くなる可能性がたかくなります。

好きなことを集中して行っていると残尿感もあまり関連がなくなり、気持ち悪いと感じるケースは少ないです。

 

原因は何?
カテゴリ
最新の投稿